麻の布 熨斗目花色 200㎝

麻の布
熨斗目花色
200㎝

幅 約30㎝ × 200㎝

色は「熨斗目花色」です。


お茶席を彩る布

麻の細長いテーブルランナーのような布です

京都でつくられているこちらの布は、麻糸を織り上げ、自然染料で染められています。

布の凸凹や繊維の太さ、染めにむらがある場合がありますが、自然素材のものですのでご理解お願いいたします。

また、布はしは、切りっぱなしの状態です

★メンテナンス

麻ですので、しわが付きやすいのですが、洗濯して脱水後にそのままアイロンをしますと、しわがつきません。

同様に、たっぷりの水分をふくませてアイロンがけをすると、しわがとれます。

洗濯は手洗い、または、ネットに入れて弱水流で洗ってください

染料がおちる場合がありますので、色移りのないよう、おきをつけください。

★配送

書類サイズに畳んでレターパック(500円)で配送させていただきます。

畳んでしまうため、折り目がつきますが、アイロンで伸ばすことができます。

もし、ロール状で配送をご希望でしたら、小包扱いとなります。

ご希望の場合は、注文の際にお知らせくださいませ

¥5,000 (税込)
種類
麻の布 熨斗目花色
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる

幅 約30㎝ × 200㎝

色は「熨斗目花色」 藍染の紺より、少し緑がかった青色で、和を感じるさわやかな色味です

季節にこだわらずにとても使いやすい色です


熨斗目花色(のしめはないろ)とは、熨斗目色よりも灰みの強い濃い青色のことです。江戸時代の「手鑑模様節用」には「舛花いろ、三舛所好の色、濃きをのしめ花色と云ふ」と書いてあります。なお、三升とは市川團十郎の家紋で、舛花色 ますはないろの色名は五世団十郎が好んだ薄花色のこと。それよりも濃い藍染の色を「熨斗目花色」といいます。

ちなみに、熨斗目は経 たてを生糸、緯 よこを半練糸 はんねりいとを用いた生染の平織のことで、縞 しまや格子 こうしなどに織り出しました。後にこれで仕立てられた小袖を指すようになり、江戸時代では士分以上の礼服として麻裃 かみしもの下に必ず着用しました。「熨斗目花色」は、この織物の地色に用いた花色の一種です。

(伝統色のいろは より)


お茶席を彩る布

麻の細長いテーブルランナーのような布です

京都でつくられているこちらの布は、麻の繊維を織り上げ、自然染料で染められています。

布の凸凹や繊維の太さ、染めにむらがある場合がありますが、自然素材のものですのでご理解お願いいたします。

また、布はしは、切りっぱなしの状態です

★メンテナンス

麻ですので、しわが付きやすいのですが、洗濯して脱水後にそのままアイロンをしますと、しわがつきません。

同様に、たっぷりの水分をふくませてアイロンがけをすると、しわがとれます。

洗濯は手洗い、または、ネットに入れて弱水流で洗ってください

染料がおちる場合がありますので、色移りのないよう、おきをつけください。

★配送

書類サイズに畳んでメール便で配送させていただきます。

畳んでしまうため、折り目がつきますが、アイロンで伸ばすことができます。

もし、ロール状で配送をご希望でしたら、小包扱いとなります。

ご希望の場合は、注文の際にお知らせくださいませ